会社の倒産手続き

会社の経営がうまくいかなくなった時、弁護士に倒産や事業再建の相談をすることができます。
倒産を専門にしている事務所もあるので、専門的な知識を持った弁護士が一番いい方法をアドバイスしてくれます。

企業だけでなく個人の破産も取り扱っていて、経営者自身が連帯保証人などになっている場合があるため、同時に破産手続きを行うこともできます。

再建コンサルタントなどに相談することもできますが、代理人となって手続きを行えるのは弁護士だけとなっています。倒産の手続きは、まず債権者に対して介入通知を送付することから始まります。

その結果、債権者からの支払い請求や取り立てがなくなります。次に裁判所に破産手続きの申し立てを行います。この際提出する申し立て書や添付書類などを作成する必要があります。

これらの書類は全て依頼した事務所で作成してもらえます。また、残務処理や従業員の解雇などもサポートを受けて行うことができます。

裁判所が破産管財人を選任して財産の有無を調査し、会社の財産は管財人の管理下に置かれます。次に破産管財人が会社の資産を処分し、債権者集会を開いて破産の経緯や資産状況の報告を弁護士が同席して行います。

会社の資産を処分した後に資産が残っていれば債権者に配当を行います。
手続きがすべて終われば、債務者への支払い義務がなくなります。借金がなくなるというのが倒産の一番大きなメリットです。

自宅や自動車などの資産は手放す必要があります。個人民事再生手続きなどを利用して自宅を手放さずに済む方法もあります。