弁護士の資格取得と独立開業までの道のり

法律職として高い地位にある弁護士という職業に就くためには、最初に国家資格を取得する必要があります。基本的に法学部がある大学に大学生として4年間入学をして、その後大学院生としてさらに勉強をする必要があります。これによって司法試験という試験を受けることが可能になるため、後はテスト合格に向けて勉強をするだけです。

この流れが一般的な流れとなっており、試験合格後弁護士団体に所属することで職を名乗ることが出来るようになります。基本的に弁護士という国家資格を一度取得して団体に所属をすれば、その職業を名乗ることが許されています。

しかし取得レベルについてはトップクラスとなっており、法学部卒であることが大きな要因となることが多いです。逆に高い地位を獲得出来るものでもあるため、数年間勉強をすることで試験に合格出来る可能性があります。ですが法律職の中でも取得が難しい部類に入るので、ちょっと勉強した程度では合格や取得出来ないのが特徴でもあります。

試験に合格して弁護士という資格を取得した場合の進路先として、主に2種類の選択肢が用意されています。1つめに法律事務所に所属をする方法であり、試験合格後実績を積むために所属する方の割合が多くなっています。大きい事務所であれば自分の担当分野以外の法律家も在籍しているので、その点が大きな特徴となります。

2つめの道として独立をして自分の事務所を開業する方法もあり、試験合格後すぐに行うことも可能です。その場合において事務所を開くための資金として、場所代や机などの備品を用意する必要があります。
弁護士に将来なりたいと考えている人がいますが、その道のりは非常に長くなっています。したがってしっかりと勉強をして準備をするということが大切になります。現在のところ資格取得のためには次のような方法があります。

弁護士による残業代請求サポート

まずは司法試験予備試験に合格をして司法試験に合格をするという方法と、法科大学院を修了して司法試験に合格をするという方法です。このほかに珍しくはなっていますが、検察事務官から検事になり、その後に取得を目指すというような人もいます。この中で司法試験予備試験に合格をするという方法に関しては、試験に合格をすると法科大学院修了者と同じレベルがあると認定されるので、司法試験を受験することができます。予備試験に関しては短答式試験と論文式試験と口述試験のすべてに合格しなければいけません。

気になる合格率は数パーセントとなっています。難易度が高い試験となっているので、しっかりと勉強をしなければいけませんが、受験資格や受験回数に制限が設けられていません。また法科大学院を修了して司法試験に合格をするという方法があります。これは大学院ということで大学卒業資格が必要になります。しかし大学院の中には、高校卒業者でも大学を卒業した人と同じ程度のレベルがあると事前の審査で認められることがあります。

この場合には弁護士の受験資格を認められるようになっています。検察事務官から検事になり弁護士を目指すという人もいますが、この場合には特認検事を5年以上務めて研修を受けるという長い道のりとなります。
【顧問弁護士の最新記事】