交通事故の慰謝料

交通事故が人間に与える精神的苦痛はとても大きなものとなっています。それは事故の加害者だけではなく被害者に対しても同じことが言えます。

しかし被害者の場合にはけがの程度などによってその大きさが異なってきます。そこでこの交通事故で受けた精神的苦痛に対して請求することができるお金を慰謝料といいます。

しかし精神的苦痛は具体的に数字に表すことができないので、一定の基準が設けられています。それが次の3つとなっています。まずは自賠責基準です。これは事故による被害者に最低限の補償をするために設けられたものとなっています。

現在我が国ではすべての自動車を運転する人に加入が義務づけられています。最低限の補償をするということでその基準は最も低くなっています。そして2つめが任意保険基準です。これは強制保険となっている自賠責保険とは異なり、この自賠責保険で不足してしまう損害賠償を加害者にかわって補償すると言うことが目的となっています。

これは各保険会社が定めている慰謝料の基準となっています。公表がされていないのですが、各保険会社でそれほど大きな差はありません。そして3つめが裁判所基準となります。裁判所基準では、今までの裁判の例などをもとに決められた基準となっています。

弁護士基準の交通事故慰謝料の相場は?

弁護士基準と呼ばれることもあります。その金額は3つの中で一番高くなっています。弁護士が損害賠償の請求を行ったり、保険会社と示談交渉をするというときには、この裁判所基準が使われるようになっています。