債務整理の無料相談

カード会社や消費者金融からのキャッシングや借入を返済する場合に、法定金利を超えて支払った利息を過払い金と言います。

法定金利を定める2つの法律、利息制限法と出資法がそれぞれ、異なる定義をしていたため、貸金業者は罰則規定のない出資法が定める年利29.2%を超えない範囲で貸し付けを行なっていましたが、2010年の法改正によって、2つの法律の法定金利が統一され、現在では年利20%を超えて貸し付けると罰則を受けます。

法改正によって、金融業者は過払い金の返還の求めに対して応じなければなりません。つまり、過払い金は戻ってきます。多重債務に苦しむ人は、自己破産などの債務整理を検討するかもしれません。

しかし、その前に、過払い金を返還できないかを検討することが先です。弁護士による債務整理の無料相談を受けると、まず最初に、過去に行なった借入やキャッシングの中に過払い金がないかを模索します。これらが返還されれば、現在の債務が軽減されることは間違いありません。多重債務者であれば、複数の業者からの借入があるので、過払い金が存在する可能性は高いです。

まずは弁護士などの専門家の無料相談を受けることが望まれます。その際には、金融業者の名前と借入時期だけが判明していれば十分です。但し、返還期限もあり、また、複雑な契約のケースもあるため、専門家に委託する方が得策です。

もし、弁護士等に過払い金の返還請求を委託する場合の報酬ですが、相場としては、返還金額の15%から20%程度です。