相続トラブル

昨年、私の夫が半年余りの闘病生活を送った末に亡くなりました。まだ、小学生と中学生の子供がおりますので、一家の大黒柱を失ってしまったダメージは正直言ってとても大きいです。

また、これから先、子供の良き相談相手となってくれるはずの夫を失ってしまい、私1人で子供2人をしっかりと育てていけるだろうかと不安になってしまいました。でも、泣いてばかりいるわけにはいきませんので、気力を振り絞って葬儀を営みました。

しかし、その葬儀の席上で大変な目に遭ってしまいました。実は、亡くなった夫は、私と結婚する前に一度結婚歴があり、子供も1人もうけていました。私が夫と知り合ったのは、夫が離婚協議のために家を出た後のことだったので、不倫関係にあったわけではありません。

正式に離婚する前に知り合ったのは事実ですが、知り合った時には既に元奥さんと離婚条件の話し合いをしている段階だったので、夫婦関係は間違いなく破綻していたと認識しています。でも、その奥さんが子供におかしな説明をしていたらしく、その前妻の子供が葬儀会場に乗り込んできて、私に向かって暴言を吐いて帰っていきました。

「自分は血が繋がった相続人なのだから、泥棒猫に財産を独り占めさせない」などといった内容の言葉を吐いて帰っていったのですが、私は多くの弔問客の前で大恥をかかされてしまいました。前妻との間にできた子供にも相続権がることは知っていましたから、落ち着いたら連絡を取ろうと思っていたのですが、あのような対応をされてしまったので、自分で連絡をとる気にはなれませんでした。

そこで、弁護士を頼んで細かな手続きを全て代わりにやってもらいました。弁護士が間に入ってくれたおかげで、前妻の子とそれ以上トラブルになることなく、全ての相続手続きを無事に済ませることができ、今はホッとしています。
【相続の最新記事】